シェアしたくなる最新のWebサービス・ITニュース情報をチェック!
  • follow us in feedly

アプギガトップ > スマホ・モバイル > ゲームアプリ > その他ゲームアプリ > 【2勝129敗18引き分け】苦節2年半のiPhoneアプリ開発を通じて見えてきたこと。
注目記事ピックアップ
登録不要!匿名で記事も公開できる究極にシンプルなWebエディタ「IO」が最高の使い心地だった!
share0
登録不要!匿名で記事も公開できる究極にシンプルなWebエディタ「IO」が最高の使い心地だった!
今すぐブラウザ上に「ライブ配信」のスタジオ環境をタダで構築できる「Lightstream」を使ってみた!
share0
今すぐブラウザ上に「ライブ配信」のスタジオ環境をタダで構築できる「Lightstream」を使ってみた!
ブログ感覚でWebアプリやサイトの更新履歴を作成&公開できる「Barelog」を使ってみた!
share0
ブログ感覚でWebアプリやサイトの更新履歴を作成&公開できる「Barelog」を使ってみた!
筆跡がリアルに変化する「自作Webフォント」を生成可能な「Calligraphr」で自分用フォントを手書きしてみた!
share0
筆跡がリアルに変化する「自作Webフォント」を生成可能な「Calligraphr」で自分用フォントを手書きしてみた!
Web上でプログラミングに特化したスクリーンキャストを無料で作れる「Scrimba」の革命的な機能がスゴイと話題に!
share0
Web上でプログラミングに特化したスクリーンキャストを無料で作れる「Scrimba」の革命的な機能がスゴイと話題に!
JavaScriptでマインクラフト風の建造物が作れる無料Webアプリ「Web Blocks」で遊んでみた!
share0
JavaScriptでマインクラフト風の建造物が作れる無料Webアプリ「Web Blocks」で遊んでみた!
「アプギガ!!」2016年の総まとめ!もう一度読みたくなる人気のバズ記事をまとめてみた!
share0
「アプギガ!!」2016年の総まとめ!もう一度読みたくなる人気のバズ記事をまとめてみた!
こんなAR技術が欲しかった!スマホをかざすだけでプロ並みのスケッチを描ける「SketchAR」アプリを使ってみた!
share0
こんなAR技術が欲しかった!スマホをかざすだけでプロ並みのスケッチを描ける「SketchAR」アプリを使ってみた!
指先1本でミニゲームを開発してシェアし合う新型SNSアプリ「Hopscotch」で遊んでみた!
share0
指先1本でミニゲームを開発してシェアし合う新型SNSアプリ「Hopscotch」で遊んでみた!
今すぐ、自分の知識を「オンライン学習コース」としてWebに公開できる「Thinkific」の多機能ぶりに驚愕!
share0
今すぐ、自分の知識を「オンライン学習コース」としてWebに公開できる「Thinkific」の多機能ぶりに驚愕!
コピペ一発!どんなWebサイトもチャットサポートを無料で導入可能な「Crisp」を使ってみた!
share0
コピペ一発!どんなWebサイトもチャットサポートを無料で導入可能な「Crisp」を使ってみた!
開発が面倒なWebコンテンツを「ウィジェット化」して誰でも利用可能にする無料サービス「Widgetic」を使ってみた!
share0
開発が面倒なWebコンテンツを「ウィジェット化」して誰でも利用可能にする無料サービス「Widgetic」を使ってみた!
ブラウザから即起動!ゼロからSVG画像を作成できるWebエディタ「Vectr」が完全無料で公開中!
share0
ブラウザから即起動!ゼロからSVG画像を作成できるWebエディタ「Vectr」が完全無料で公開中!
編集ソフト不要!アップロードした画像のURLをいじるだけで多彩な加工編集を実現する「Scaley.io」が登録不要で無料公開中!
share0
編集ソフト不要!アップロードした画像のURLをいじるだけで多彩な加工編集を実現する「Scaley.io」が登録不要で無料公開中!
ブログ感覚でオンラインのプログラミング講座を作成・公開できる「educative」は課金機能も無料で利用可能!
share0
ブログ感覚でオンラインのプログラミング講座を作成・公開できる「educative」は課金機能も無料で利用可能!
スクショ付きでブックマークを一元管理できるWebアプリ「Bookmark OS」を使ってみた!
share0
スクショ付きでブックマークを一元管理できるWebアプリ「Bookmark OS」を使ってみた!
まだ進化を続けるGoogle検索の特殊機能12選をまとめてみた!
share0
まだ進化を続けるGoogle検索の特殊機能12選をまとめてみた!
データ可視化の最強ツール!Web上でスライド資料やインフォグラフィックを制作できる万能Webエディタ「Visme」を使ってみた!
share0
データ可視化の最強ツール!Web上でスライド資料やインフォグラフィックを制作できる万能Webエディタ「Visme」を使ってみた!
スマホのタッチ操作に最適化されたWebアンケートが作れるサービス「Wyzerr」を使ってみた!
share0
スマホのタッチ操作に最適化されたWebアンケートが作れるサービス「Wyzerr」を使ってみた!
思わずWeb開発したくなる最強のJavaScriptライブラリ7選が楽し過ぎてヤバイ!
share0
思わずWeb開発したくなる最強のJavaScriptライブラリ7選が楽し過ぎてヤバイ!
ゲームアプリ
ad 今の年収で満足ですか?
typeで転職した71%が年収アップ!
2012/09/02 20:12

【2勝129敗18引き分け】苦節2年半のiPhoneアプリ開発を通じて見えてきたこと。

※本記事は、Eagle藤永真至氏からの寄稿

先日、累計700万ダウンロードを突破した我々だが、
実は総合1位は2回しかとっていない。
また10万ダウンロード以上のアプリはたった20タイトルである。

こんな感じでなんとかiPhoneで生き残ってきたわけであるが、
この世界に参入してまもなくの方たちや、
iPhoneアプリをレビューしているメディアの方たちの参考になればと思い、
我々の恥ずかしい思い出をこっそり書くことにした。

まず我々が本格的にゲームを作るきっかけとなったのは、
なんとなく出していきなり総合1位ととってしまった

ちゃぶ台返し(87万ダウンロード)」だ。

「なんだ、こんなんで、カプコンを抜けるんだ。」
普段は謙虚な言動を心がける私も、

さすがに内心では確かに慢心していたと思う。

 

さっそくフジテレビに協業をもちかけ、
とにかく量産してゲーム業界に殴り込みをかけようと思ったのが一昨年の暮れ。
第一弾の「トイレからの脱獄(11万ダウンロード)」は、
まさに、「ちゃぶ台返し」の延長の飛ばしゲーだった。

そのあと「犠牲フライ(13万ダウンロード)」や
チョーク落とし(16万ダウンロード)」
にぎりB(10万ダウンロード)」を出すものの基本的には、
泣かず飛ばすの暗黒時代を送ることになる。

基本的には糞ゲームばかりだけど、中には面白いものもあった。
いざ、やってみれば面白いけど、「やろう」とはおもわない。
こんなアプリに仕上がっていたのだろう。

枝毛きり
モーションサッカー
ドアtoドア
ミシンレース
カルフォルニアロール
熱血先生
漢字探偵団
ウィンブルドン
つかまえたいやき
モンタージュ
ふんころがしレース
シャンパンストライク
じゃんけんスピード
桃太郎の白羽取り



 

 

 

 




うなぎに至っては、世界に1つしかないうなぎゲームなのに、まったく当たらないのだ。



ニコちゃん大王のトイレの名シーンを彷彿とさせる「トイレから宇宙旅行」もビクともしなかった。

 

 

俺たちは恐らく根本的なことが抜けていた。
レビューサイトに取り上げられなければ、ランキングはあがらない。
基本的にネタ一発勝負なスキルの弱いゲームなわけだから、
メディアに媚びなければならないわけだ。

レビューサイトがとりあげ、そのメディアのPVがあがるような、
強烈なインパクトのあるゲームを作ろうという意識が足りなかった。
つまり、「俺たちには笑いのセンス」がなかったということになる。

ここからは方向を変えた。
素人プログラマーができそうもないスキルや工数のかかるゲームを、
カジュアルゲーム(瞬ゲー、糞ゲーの類い)としてだそうと。



そうやってできたのが、「カンフーランナー(45万ダウンロード)」だ。
開発者にはラインランナーよりも面白いのを作ってくれと言った。

 

 

センスがない人間がやるべきことは、すでに当たっているものよりも良いものを作るという発想。
当時の松下やマイクロソフトと同じ戦法だ。

カンフーランナーに味をしめた我々の次の標的は、タッチザナンバーズ。
これよりも面白いのを作ってくれと指示して作った「数字の階段」は惨敗に終わる。

ライツオフという定番ゲームをネコゲームに昇華させた「ネコ一色にせよ」は、
かなりの力作だったにもかかわらずこれも惨敗。



アングリーバーズをこえろと指示して作った「ネコとばし」も惨敗。

 

 

 

物理演算をかなりきわめてつくった
雪だるま工場」は、季節はずれにだしたためか惨敗。

ジャイロセンサーやスプレーのジェット噴射にこだわってつくった
The 蠅」は、気持ちわる過ぎたためか惨敗。

ゲームの面白さは格段にあがっているにもかかわらずヒットがでない。
このジレンマは去年の秋まで続いた。

そんなときに、一人の天才があらわれた。
宮田氏という放送作家である。

彼はiPhoneを持っていないのに、お台場で毎週やっている企画会議にて、
かつてのヒットアプリのアイデアをたくさん出してきた。
彼と3年前に会っていたら俺たちは今頃ベントレーを乗り回しているかも知れない。

彼の出す企画はどんどん当たりだすようになる。
これを我々は「第一次ミヤタ景気」とよんでいる。



ブロック工場(62万ダウンロード)
目指せ!三冠王(50万ダウンロード)
ナンバーゾーン(30万ダウンロード)

 



ちなみに「一億円(29万ダウンロード)」は彼の所属先の社長、
放送作家でもある阿部氏の発案だ。

 

 

彼らをつれてきたフジテレビの野村氏も自ら
ダーツの達人(24万ダウンロード)」をあてている。

このように分業が功を奏してきた我々だが、
開発に専念していた者も、自らの企画を当てるようになってきた。
これを我々は「宮田効果」とよんでいる。



リアル鬼ごっこ(43万ダウンロード)」はカンフーランナーの開発者で、
これイクラ?(10万ダウンロード)」はナンバーゾーンの開発者である。

 

 

このようななか、今まで惨敗を繰り返してきた「ネコとばし」の開発者が
Mr.ダンク(10万ダウンロード)」をリリースし、累計700万ダウンロードを突破した。

余談ではあるが、1つだけ「ホールインワンゴルフ16万ダウンロード)」というゲームをグリーから出したことがある。当時飛ぶ鳥落とす勢いのプラットフォームから出すわけだから億万長者になれるかと鼻を伸ばしていたもんだが、全くお金にならなかった。

こんな感じで当たるようにはなってきたが、全てがあたっているわけでもない。
去年の1アプリあたりの平均ダウンロード数は5万ダウンロードに対して、
今年の1アプリあたりの平均ダウンロード数が10万ダウンロードにあがっただけだ。

次の紹介するアプリは相当面白いはずなのに、なぜか当たらない。
去年の俺たちには、つまらないと知って出すアプリもあったことは正直認めるが、
今年の俺たちは面白いものしか出していないのだ。
あまりにも面白くないので罵倒しまくってたら
開発者が辞めてしまってオクラ入りしたアプリ(死骸アプリとよんでいる)だってたくさんある。
出すからには面白いものじゃなくてはならない。そういう自負で出している。

ぜひ読者の方に、下記のアプリが「なぜ当たらないのか」知っている方がいれば、こっそり教えて欲しい。
俺たちのセンスが間違っていることがたたあるからだ。
特にレビューサイトのライターの方にはプレイしてもらって、
どこがつまらないか糞ミソに書いてレビューして欲しい。

ブラックエンジェルズ
どんぶり職人の屈辱
シューティングスター
赤ペン検定
田中と中田
四字熟語の達人
収穫の達人
ホッピングラブワゴン



 

 

 

 

 

最後に最新情報をこっそり紹介。



このたび「これイクラ?」の開発者が自らの企画である

きのこ物語」をリリース。

 

 

そして、宮田氏の最新作は「ベースボールインベーダー」と「コインサッカー」だ。



 

 

 

 

まもなくやってくるだろうと信じている
第二次ミヤタ景気で、早期に1000万ダウンロードをとった暁には、
また色々わかったことをここで披露したい。

ikiben

渋谷と六本木を酷く忌み嫌い、辺境の地から糞ゲー爆弾を増産するアプリテロリスト集団を「虎の穴」で養成している。無給時代、暗黒時代を経て、ようやくスマッシュヒット時代を迎え、世界のホームラン王、王貞治氏を目標に、世界のアプリ王を目指している。2012年8月に累計700万ダウンロードを突破。著書に「売れるiPhoneアプリの法則」。レインボーアップススクール東京校の時だけお上りさんをしている。

twitter:ikiben

この記事を読んでいる人は、他にこんな記事も読んでいます。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

ページトップへ戻る