シェアしたくなる最新のWebサービス・ITニュース情報をチェック!
  • follow us in feedly

アプギガトップ > インターネット > ほんとは1億超えていた!首相官邸ホームページ4550万円問題、下請けにはキッズページは200万で発注。合計では1億2000万円オーバーの謎
注目記事ピックアップ
思わずWebアプリを開発したくなる「JavaScriptライブラリ7選」を一挙公開!
share0
思わずWebアプリを開発したくなる「JavaScriptライブラリ7選」を一挙公開!
スマホで3Dモデルを現実世界に召喚し、自在に動かせる「Augment」サービスが無料公開中!
share0
スマホで3Dモデルを現実世界に召喚し、自在に動かせる「Augment」サービスが無料公開中!
タスク管理の「Trello」にWeb制作機能を搭載できる「CardForm」が斬新過ぎてスゴイ!
share0
タスク管理の「Trello」にWeb制作機能を搭載できる「CardForm」が斬新過ぎてスゴイ!
ブログ読者に「聞いてみたいこと」を簡単にWebコンテンツ化できる「plyfe」を試してみた!
share0
ブログ読者に「聞いてみたいこと」を簡単にWebコンテンツ化できる「plyfe」を試してみた!
プログラミングしないと戦えないWebストラテジーゲーム「Empire of Code」が時間泥棒確定!
share0
プログラミングしないと戦えないWebストラテジーゲーム「Empire of Code」が時間泥棒確定!
Web開発系の情報収集が爆速になる絶対覚えておきたいWebサービス7選+α!
share0
Web開発系の情報収集が爆速になる絶対覚えておきたいWebサービス7選+α!
ソースコードの「バグ」を修正する速さを競うWebゲーム「CodeFights」で遊んでみた!
share0
ソースコードの「バグ」を修正する速さを競うWebゲーム「CodeFights」で遊んでみた!
完全自動で、自分のプログラミング「作業ログ」を収集して可視化する「WakaTime」が素晴らしい件!
share0
完全自動で、自分のプログラミング「作業ログ」を収集して可視化する「WakaTime」が素晴らしい件!
最近、Slackの「bot」が何でも出来過ぎて「カオス」状態になってる件!
share0
最近、Slackの「bot」が何でも出来過ぎて「カオス」状態になってる件!
欲しいコンテンツを選ぶだけでWebサイトを作成できる「XPRS」が、無料とは思えないクオリティだった件!
share0
欲しいコンテンツを選ぶだけでWebサイトを作成できる「XPRS」が、無料とは思えないクオリティだった件!
スマホの映像が本当に飛び出す「3Dホログラム」を、30分くらいで作ってみた!
share0
スマホの映像が本当に飛び出す「3Dホログラム」を、30分くらいで作ってみた!
ブログ感覚で、独自の「オンライン講座」を作って公開できる「Classmill(無料)」を使ってみた!
share0
ブログ感覚で、独自の「オンライン講座」を作って公開できる「Classmill(無料)」を使ってみた!
ブロックを繋げてWebアプリやゲームを作れる「Weld Action Blocks」が思わず夢中になる面白さ!
share0
ブロックを繋げてWebアプリやゲームを作れる「Weld Action Blocks」が思わず夢中になる面白さ!
天才的なアイデアで開発された海外の「iPhoneアプリ事例7選」が、斬新過ぎてヤバイ!
share0
天才的なアイデアで開発された海外の「iPhoneアプリ事例7選」が、斬新過ぎてヤバイ!
複数人コラボも可能な楽譜作成エディタを搭載した新SNS「Flat.io」が、完全無料で公開中!
share0
複数人コラボも可能な楽譜作成エディタを搭載した新SNS「Flat.io」が、完全無料で公開中!
ブラウザだけで完結する「bot開発環境」を無償提供した「Meya.ai」は、ボットのホスティングまで可能!
share0
ブラウザだけで完結する「bot開発環境」を無償提供した「Meya.ai」は、ボットのホスティングまで可能!
コード不要で、独自Webサービスをブラウザ上で無料開発できる「Bubble」を使ってみた!
share0
コード不要で、独自Webサービスをブラウザ上で無料開発できる「Bubble」を使ってみた!
GoogleドライブにTrello風タスク管理機能を拡張できる「Kanbanchi」を試してみた!
share0
GoogleドライブにTrello風タスク管理機能を拡張できる「Kanbanchi」を試してみた!
YouTube動画内に、まったく違う動画やWebページを挿入できる「videopath」が衝撃的!
share0
YouTube動画内に、まったく違う動画やWebページを挿入できる「videopath」が衝撃的!
ブロックを繋げるだけでチャットボットが作成できる「Motion AI」は、WebもSNSも無料で運用可能!
share0
ブロックを繋げるだけでチャットボットが作成できる「Motion AI」は、WebもSNSも無料で運用可能!
インターネット
ad 今の年収で満足ですか?
typeで転職した71%が年収アップ!
2012/04/06 14:57

ほんとは1億超えていた!首相官邸ホームページ4550万円問題、下請けにはキッズページは200万で発注。合計では1億2000万円オーバーの謎

ゲームとデザインは合わせて300万円強で発注されていた
今、ネット上で話題沸騰中の首相官邸ホームページリニューアルについて、続報が飛び込んできた。
なんとキッズページは200万、ホームページデザインは100万円で発注されていたことが判明したのだ。

筆者が独自に仕入れた情報源によると、正確キッズページの発注金額は207万9千円だという。
予定価格は1300万円、落札は207万9千円。
「首相官邸ホームページの日本語版のシステム機能追加等業務にともなうデザイン制作等業務」は771万7千円を予定、101万8千500円で落札。

これらはすべて、官報に掲載されている情報である
また不確定情報ではあるが、その受注を受けたとされる会社名についても官報には載っているとの事。

更に永田メール問題やカップヌードルの原材料等で有名な「きっこ氏」によると残額の4200万強は「製作情報」と言う項目に費やされたとのこと。
スクリーンショット(2012-04-06 14.36.19)
官報に記された復興を理由としたホームページリニューアル予算である。
下記は官報に正式に掲載された内容であり、記載ミスをしていない限り間違いはありえない。

http://www.e-procurement.cao.go.jp/choutatsujouhou/0000015921/3300015921.html

「復興に向けた首相官邸HPの日本語版、英語版情報発信強化に伴うシステム機能追加等業務及び中国語版立ち上げに伴う
システム機能構築業務等」
業務目的
既存の官邸ホームページ作成システムに対し以下の改修を実施
・日本語版ポータルサイトの機能拡充
・日本語版サイトへの携帯端末による情報提供機能追加
・英語版サイトの機能拡充(リニューアル)
・中国語版サイトの立上げ(既存システムを利用してのシステム構築)
(3) 契約期間
平成23年11月24日から平成24年3月31日までとする。

作業概要について

大型案件に付き物の「保守費」の項目が無い!まさか、それも随時「政策情報費」込みで高額発注されるのであろうか?

落札金額は1億を超えている!しかも随意契約
さらに入札ではなく、本案件は株式会社インターネットイニシアティブ通称IIJとの「随意契約」であることがサイト上に掲載されている。
理由は「技術的理由による競争の不存在」。
IIJRAKUSATSU
※官報「2012-01-11」日発行

しかも当初言われていた「4500万円」ではなく、金額は「1億2390万円」だったと記されている。
なぜ4500万円のうち4200万円は「政策情報費」だったとして、残り8000万円は「翻訳費及び検索エンジン費」だとでも言うのだろうか。
スクリーンショットを見るかぎり、警察用システムには「保守」がついて金額も近いものになっているのだが……。
歴代首相官邸HPの製作・運営費
IIJが過去に請け負った首相官邸HPの年間制作・運営費もあるサイトに掲載されている。

IIJ担当(2001年~2005年)

2001年度: 1億985万円
2002年度: 1億7062万円
2003年度: 1億7863万円
2004年度: 1億5118万円
2005年度: 2億1639万円

IIJ以外(2001年度~2005年度)
・2001年度:
財務省印刷局: 535万円
IIJメディアコミュニケーションズ: 131万円
J-tream: 331万円
時事画報社: 3074万円
・2002年度:
財務省印刷局: 416万円
ビデオリサーチ: 63万円
アイ・エス・ティ: 58万円
ネットレイティングス: 126万円
時事画報: 4421万円
・2003年度
国立印刷局: 416万
ビデオリサーチ: 63万円
時事画報: 2101万円
・2004年度:
ビデオリサーチ: 63万円
時事画報: 3524万円
・2005年度:
ビデオリサーチ: 63万円
ダブリュファイブ・スタッフサービス: 36万円
時事画報: 1334万円

via 首相官邸ホームページ・メルマガの制作運営費をリストにしてみた:小鳥ピヨピヨ
via 首相官邸ホームページリニューアル費用4500万円の妥当性 – Togetter

興味深いのは、IIJ以外が請けた金額はどれもかなり安い。作業内容によって大きく金額が異なるのはわかるが、これはとても納得いく内容ではない……。

消費税増税をうたっている今の内閣だけに「時期が悪い」という声も多い中、ホームページのリニューアルに4500万円かけたことでも怒れる国民は多いだろう。その上金額が実は保守費を含まずに1億円を超えていたとしたら……

野田首相は、田中直紀防衛相について「『無知の知』という言葉もある」とソクラテスの格言を持ち出し、全面的に擁護したりしているが、蓮舫議員のスパコン仕分けにしても、この分野は『無知の知』ではまずいんじゃないだろうか?

これ以上は恐ろしくて私の口からは言えない。ああ、誰か来たようだ。

後は皆様で議論を交わしていただきたい。

 

空気嫁菜氏

ご迷惑おかけしました。空気を読むように今後努力します。寿司とか麺類好き。 90年~00年代のインターネット黎明期/UG事情に精通。ガジェットはもとより、デジモノ全般に関する記事を投稿します。

twitter:KuukiYomenashi

この記事を読んでいる人は、他にこんな記事も読んでいます。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

ページトップへ戻る