シェアしたくなる最新のWebサービス・ITニュース情報をチェック!
  • follow us in feedly

アプギガトップ > スマホ・モバイル > Raspberry Piを自在に遠隔操作できるスマホアプリ「Blynk」を実際に使ってみた!
注目記事ピックアップ
欲しいコンテンツを選ぶだけでWebサイトを作成できる「XPRS」が、無料とは思えないクオリティだった件!
share0
欲しいコンテンツを選ぶだけでWebサイトを作成できる「XPRS」が、無料とは思えないクオリティだった件!
プログラミングしないと戦えないWebストラテジーゲーム「Empire of Code」が時間泥棒確定!
share0
プログラミングしないと戦えないWebストラテジーゲーム「Empire of Code」が時間泥棒確定!
Chromeの「新規タブ」機能が拡張され過ぎて、もはや別アプリと化している件!
share0
Chromeの「新規タブ」機能が拡張され過ぎて、もはや別アプリと化している件!
好きなYouTube動画の「見て欲しいシーン」だけを抽出して再公開できる「vibby」が便利すぎる件!
share0
好きなYouTube動画の「見て欲しいシーン」だけを抽出して再公開できる「vibby」が便利すぎる件!
わずか数行のコードで、Adobe製の画像編集エディタを無料で使い放題にできる「Creative SDK」がヤバイ!
share0
わずか数行のコードで、Adobe製の画像編集エディタを無料で使い放題にできる「Creative SDK」がヤバイ!
GoogleドライブにTrello風タスク管理機能を拡張できる「Kanbanchi」を試してみた!
share0
GoogleドライブにTrello風タスク管理機能を拡張できる「Kanbanchi」を試してみた!
URLを指定するだけ!どんなWebデータも一発で可視化できる「Silk」は、そのままWebサイトも制作可能で無料提供中!
share0
URLを指定するだけ!どんなWebデータも一発で可視化できる「Silk」は、そのままWebサイトも制作可能で無料提供中!
思わずWebアプリを開発したくなる「JavaScriptライブラリ7選」を一挙公開!
share0
思わずWebアプリを開発したくなる「JavaScriptライブラリ7選」を一挙公開!
ブラウザだけで完結する「bot開発環境」を無償提供した「Meya.ai」は、ボットのホスティングまで可能!
share0
ブラウザだけで完結する「bot開発環境」を無償提供した「Meya.ai」は、ボットのホスティングまで可能!
完全自動で、自分のプログラミング「作業ログ」を収集して可視化する「WakaTime」が素晴らしい件!
share0
完全自動で、自分のプログラミング「作業ログ」を収集して可視化する「WakaTime」が素晴らしい件!
脅威の認識技術で別人の顔に変身できるアプリ「MSQRD」が予想以上に変身できる件!
share0
脅威の認識技術で別人の顔に変身できるアプリ「MSQRD」が予想以上に変身できる件!
最近、Slackの「bot」が何でも出来過ぎて「カオス」状態になってる件!
share0
最近、Slackの「bot」が何でも出来過ぎて「カオス」状態になってる件!
スマホの映像が本当に飛び出す「3Dホログラム」を、30分くらいで作ってみた!
share0
スマホの映像が本当に飛び出す「3Dホログラム」を、30分くらいで作ってみた!
コード不要で、独自Webサービスをブラウザ上で無料開発できる「Bubble」を使ってみた!
share0
コード不要で、独自Webサービスをブラウザ上で無料開発できる「Bubble」を使ってみた!
天才的なアイデアで開発された海外の「iPhoneアプリ事例7選」が、斬新過ぎてヤバイ!
share0
天才的なアイデアで開発された海外の「iPhoneアプリ事例7選」が、斬新過ぎてヤバイ!
ブロックを繋げてWebアプリやゲームを作れる「Weld Action Blocks」が思わず夢中になる面白さ!
share0
ブロックを繋げてWebアプリやゲームを作れる「Weld Action Blocks」が思わず夢中になる面白さ!
複数人コラボも可能な楽譜作成エディタを搭載した新SNS「Flat.io」が、完全無料で公開中!
share0
複数人コラボも可能な楽譜作成エディタを搭載した新SNS「Flat.io」が、完全無料で公開中!
タスク管理の「Trello」にWeb制作機能を搭載できる「CardForm」が斬新過ぎてスゴイ!
share0
タスク管理の「Trello」にWeb制作機能を搭載できる「CardForm」が斬新過ぎてスゴイ!
ブロックを繋げるだけでチャットボットが作成できる「Motion AI」は、WebもSNSも無料で運用可能!
share0
ブロックを繋げるだけでチャットボットが作成できる「Motion AI」は、WebもSNSも無料で運用可能!
Web開発系の情報収集が爆速になる絶対覚えておきたいWebサービス7選+α!
share0
Web開発系の情報収集が爆速になる絶対覚えておきたいWebサービス7選+α!
スマホ・モバイル
ad 今の年収で満足ですか?
typeで転職した71%が年収アップ!
2015/05/22 22:00

Raspberry Piを自在に遠隔操作できるスマホアプリ「Blynk」を実際に使ってみた!

blynk-raspberry-pi_01 どうも、まさとらん(@0310lan)です!

「Raspberry Pi」や「Arduino」などを、誰でも簡単にスマホからコントロールできるアプリ「Blynk」をご存知でしょうか?

過去に、KickStarterで資金調達を成功させ話題になっていましたが、4月末にアプリが正式公開されたこともあり、実際に使ってみたのでご紹介しようと思います!

【 Blynk 】
blynk-raspberry-pi_02

まずは、「スマホ側」の設定をしよう!
今回は、「Raspberry Pi」のLED点灯を、「Blynk」を使ってスマホからコントロールしてみたいと思います。

そこで、まずはスマホアプリをインストールしましょう!

blynk-raspberry-pi_app
【Blynk(無料)】
Appストア
Androidマーケット


アプリを起動して、ユーザー登録を済ませると「プロジェクト作成画面」が表示されるのでタップします!
blynk-raspberry-pi_03 「AUTH TOKEN」に記載されている英数字は、あとで使うのでメモをするかメールで送信してコピーしておきましょう。


次に、現在Arduinoが選択されているので、今回使用する「Raspberry Pi B+」を選びます。
blynk-raspberry-pi_04

あとは、プロジェクト名を入力して「Create project」ボタンをタップすれば設定完了です!
blynk-raspberry-pi_05

黒い画面が表示されているだけですが、タップして表示されるウィジェットの中から「Button」を選んでみます。
blynk-raspberry-pi_06 「Blynk」最大の魅力は、このボタンをタップすることで、Raspberry Piに接続されたLEDを点灯させることが出来る点です!

しかも、まったくプログラミングする必要もありません!


「Raspberry Pi側」を設定しよう!
スマホ側はある程度準備できたので、今度はRaspberry Pi側を設定していきましょう!

まずは、ネットに繋がったRaspberry Piと、簡単なLED点灯用の回路を組んでおきます。
blynk-raspberry-pi_07

回路図はこんな感じ。
blynk-raspberry-pi_08 今回は、GPIO24を使っています。


あとは、Raspberry Piへ「Blynk」のツールを導入するだけなのですが、もし「WiringPi」をまだインストールしていない場合は、先に済ませておきましょう!

【「WiringPi」インストール手順】

上記手順にも記載されていますが、基本的には以下のコマンドでOKでしょう。

$ git clone git://git.drogon.net/wiringPi

$ cd wiringpi
$ ./build


Raspberry Piへ「Blynk」を導入するのは簡単です。

【「Raspberry Pi」への「Blynk」導入手順】

まずは、以下のコマンドで「Blynk」本体をインストールします。

$ git clone https://github.com/blynkkk/blynk-library.git

そして、「make」コマンドを実行すれば設定完了です!

$ cd blynk-library/linux
$ make clean all target=raspberry


「Raspberry Pi」で「Blynk」を実行するのは、以下のコマンドでOK!

$ sudo ./blynk --token=49d7ec9c9040......

「token」の部分に、冒頭でメモをした「AUTH TOKEN」の英数字を入力してください。

コンソール画面に「Ready!」と表示されたら成功です。

これで、Raspberry Piはスマホアプリ「Blynk」からの命令を待っている状態になるわけです。


LEDを光らせてみよう!
それでは、早速スマホでRaspberry Piをコントロールしてみましょう!

まず、先ほどスマホアプリで作った「ボタン」をタップして、詳細画面を表示します。
blynk-raspberry-pi_09 ここで、今回使用する「GPIO24」を指定します。


すると、ボタンの表示も「gp24」となるのを確認して、実行ボタンをタップします。
blynk-raspberry-pi_10

この状態で、スマホ側のボタンをタップすると、Raspberry Piに接続されたLEDが見事に点灯しているのが分かります!
blynk-raspberry-pi_11 ボタンの設定で、「PUSH」にしておけば「タップしている間」LEDが点灯し、「SWITCH」だと「1度だけタップ」することで点灯するようになります。

しかも、インターネットを利用しているので、Raspberry Piが起動していれば、外出中でもスマホから遠隔操作できるので便利です。


今回は、ボタンしか使っていませんが、他のウィジェットも使うことで、自分好みの「UI」を構成し、さまざまなデータをRaspberry Piから受信したりも可能です!
blynk-raspberry-pi_12 外出先で自宅の室温状況を確認したり、家電と接続していればいつでも電源を入れることだって可能です。


まだ公開されたばかりですが、すでにコミュニティページが作成され、活発に意見交換も行われています。
blynk-raspberry-pi_13 ここでは、分からない点を質問したり、「Blynk」を使った面白いアイデアなども投稿されています。


ウィジェットも、これから続々と追加される予定になっており、KickStarterの更新ページから、最新情報をゲットすることが可能です。

最初に、初期設定さえ済ませておけば、回路を自由に組んでスマホアプリに好きなボタンを配置するだけで、Raspberry Piを操作できるようになるのは大きな魅力となるでしょう。


おまけ
最後に、Macbookなど…、ノートパソコンでRaspberry Piを操作できるようになるツールをご紹介しておきます!

【設定不要で、Macからラズベリーパイを操作可能なGoogle製「Coder」を使ってみた!】
blynk-raspberry-pi_14
Googleが公式に提供しているツールで、ノートPCのディスプレイやキーボードを共有でき、ブラウザからプログラミングも可能にする強力なツールになっています。
通常の「Raspbian OS」がベースになっているので、今回ご紹介した「Blynk」も利用可能です。

ご興味ある方は、ぜひ参考にしてみてください。


まとめ
「IoT」というキーワードが露出するようになってから、Raspberry PiやArduinoなどに挑戦する人も少なくないはず!

ただし、まだまだ難しい部分も多く、途中で諦めてしまう人も多いでしょう。

そんな状況の中で、今回ご紹介した「Blynk」のように、難しくて面倒な部分をある程度カバーしてくれるツールは、今後も増えてくるような気がしています。

「IoT開発」にご興味ある方は、最初の一歩として「Blynk」を試してみては如何でしょうか?


<参考>
「Blynk」公式サイト


wirtten by まさとらん

まさとらん

国内外問わず「良いモノ」だけひたすら集めて情報共有してます。
厳選ネタはアプギガ内で分かりやすく情報発信中!
その他の旬なネタは、twitterにて発信してますので、お気軽にどうぞ!

twitter:0310lan

この記事を読んでいる人は、他にこんな記事も読んでいます。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

ページトップへ戻る