シェアしたくなる最新のWebサービス・ITニュース情報をチェック!
  • follow us in feedly

アプギガトップ > Webサービス > ブログ読者に「聞いてみたいこと」を簡単にWebコンテンツ化できる「plyfe」を試してみた!
注目記事ピックアップ
JavaScriptでマインクラフト風の建造物が作れる無料Webアプリ「Web Blocks」で遊んでみた!
share0
JavaScriptでマインクラフト風の建造物が作れる無料Webアプリ「Web Blocks」で遊んでみた!
エアフォースワンの内部もVR空間に!Web上であらゆる場所を歩き回れる「Matterport 3D Gallery」の没入感がスゴイ!
share0
エアフォースワンの内部もVR空間に!Web上であらゆる場所を歩き回れる「Matterport 3D Gallery」の没入感がスゴイ!
ブログ感覚でWebアプリやサイトの更新履歴を作成&公開できる「Barelog」を使ってみた!
share0
ブログ感覚でWebアプリやサイトの更新履歴を作成&公開できる「Barelog」を使ってみた!
Web上でプログラミングに特化したスクリーンキャストを無料で作れる「Scrimba」の革命的な機能がスゴイと話題に!
share0
Web上でプログラミングに特化したスクリーンキャストを無料で作れる「Scrimba」の革命的な機能がスゴイと話題に!
編集ソフト不要!アップロードした画像のURLをいじるだけで多彩な加工編集を実現する「Scaley.io」が登録不要で無料公開中!
share0
編集ソフト不要!アップロードした画像のURLをいじるだけで多彩な加工編集を実現する「Scaley.io」が登録不要で無料公開中!
スクショ付きでブックマークを一元管理できるWebアプリ「Bookmark OS」を使ってみた!
share0
スクショ付きでブックマークを一元管理できるWebアプリ「Bookmark OS」を使ってみた!
コピペ一発!どんなWebサイトもチャットサポートを無料で導入可能な「Crisp」を使ってみた!
share0
コピペ一発!どんなWebサイトもチャットサポートを無料で導入可能な「Crisp」を使ってみた!
有名WebサービスのAPIをすべて同じ書き方でプログラミング可能な「RapidAPI」は、検索・テストもブラウザ上で実行可能!
share0
有名WebサービスのAPIをすべて同じ書き方でプログラミング可能な「RapidAPI」は、検索・テストもブラウザ上で実行可能!
まだ進化を続けるGoogle検索の特殊機能12選をまとめてみた!
share0
まだ進化を続けるGoogle検索の特殊機能12選をまとめてみた!
「docs・Wiki・task」が融合した超軽量Webエディタ「Notion」の潜在能力が高過ぎる件!
share0
「docs・Wiki・task」が融合した超軽量Webエディタ「Notion」の潜在能力が高過ぎる件!
ブラウザ上でサイト構成図(マップ)を作成して複数人とコラボ連携可能な「FlowMapp」を使ってみた!
share0
ブラウザ上でサイト構成図(マップ)を作成して複数人とコラボ連携可能な「FlowMapp」を使ってみた!
データ可視化の最強ツール!Web上でスライド資料やインフォグラフィックを制作できる万能Webエディタ「Visme」を使ってみた!
share0
データ可視化の最強ツール!Web上でスライド資料やインフォグラフィックを制作できる万能Webエディタ「Visme」を使ってみた!
1枚の写真だけで超リアルな3D顔面をWeb上で高速生成できる「3D Face Reconstruction」を使ってみた!
share0
1枚の写真だけで超リアルな3D顔面をWeb上で高速生成できる「3D Face Reconstruction」を使ってみた!
スマホのタッチ操作に最適化されたWebアンケートが作れるサービス「Wyzerr」を使ってみた!
share0
スマホのタッチ操作に最適化されたWebアンケートが作れるサービス「Wyzerr」を使ってみた!
こんなAR技術が欲しかった!スマホをかざすだけでプロ並みのスケッチを描ける「SketchAR」アプリを使ってみた!
share0
こんなAR技術が欲しかった!スマホをかざすだけでプロ並みのスケッチを描ける「SketchAR」アプリを使ってみた!
匿名もOK!SkypeでWebコードエディタを共有できる「Interviews on Skype」が無償公開中!
share0
匿名もOK!SkypeでWebコードエディタを共有できる「Interviews on Skype」が無償公開中!
ブラウザから即起動!ゼロからSVG画像を作成できるWebエディタ「Vectr」が完全無料で公開中!
share0
ブラウザから即起動!ゼロからSVG画像を作成できるWebエディタ「Vectr」が完全無料で公開中!
筆跡がリアルに変化する「自作Webフォント」を生成可能な「Calligraphr」で自分用フォントを手書きしてみた!
share0
筆跡がリアルに変化する「自作Webフォント」を生成可能な「Calligraphr」で自分用フォントを手書きしてみた!
英語で「VR空間作って」と書くだけで、本当にWeb上でVR体験が実現する「GuriVR」を使ってみた!
share0
英語で「VR空間作って」と書くだけで、本当にWeb上でVR体験が実現する「GuriVR」を使ってみた!
ブログ感覚でオンラインのプログラミング講座を作成・公開できる「educative」は課金機能も無料で利用可能!
share0
ブログ感覚でオンラインのプログラミング講座を作成・公開できる「educative」は課金機能も無料で利用可能!
Webサービス
ad 今の年収で満足ですか?
typeで転職した71%が年収アップ!
2015/06/29 21:00

ブログ読者に「聞いてみたいこと」を簡単にWebコンテンツ化できる「plyfe」を試してみた!

plyfe_01 どうも、まさとらん(@0310lan)です!

「ブログ」や「メディア」などを運営している人に朗報です!

普段書いている「ブログ」などがある場合、それを読んでくれている読者に「聞いてみたいこと」ってありませんか?

SNSやメール、アンケートなど、いろいろ方法はありますが、もっと簡単に問いかけることができ、なおかつそれを1つのコンテンツとしてブログに組み込めるサービスがあるのでご紹介しようと思います!

【 plyfe 】
plyfe_02

どうやって使うの?
使い方は非常にシンプルで、すべてマウス操作でOKです。

サイトにアクセスして、無料のユーザー登録を済ませると「ダッシュボード」が表示されます。
plyfe_03 ここから、さまざまな機能を無料で使えるようになっています!

例えば、いつも記事を読んでくれる読者に、「投票」をしてもらう形式で質問ができるコンテンツを作ってみましょう!


そこで、まずは「POLL」を選択します。
plyfe_04

これから作る「投票」コンテンツに、好きな名称を付けます。
plyfe_05

すると、編集画面が表示されます!
plyfe_06 ここで、読者に投票をしてもらうための質問や、回答用の選択肢などを作成していくわけです。


まずは、最初に表示される画面として、好きな画像をアップロードしておきましょう。
plyfe_07

そして、1つ目の質問と回答を入力していきます。
plyfe_08 背景に、好きな画像を挿入することも可能。


質問は、どんどん追加していくことができます。
plyfe_09

ある程度完成したら、「REVIEW」ボタンをクリック!
plyfe_10

プレビュー画面が表示されるので、問題ないかを確認して「CREATE SLOT」ボタンをクリックします。
plyfe_11

好きなスロット名称を入力して、「GET CODE」ボタンをクリックすると、ブログへ埋め込むための「タグ」を入手できます。
plyfe_12 あとは、このタグを自分のブログに追加すれば、すぐにコンテンツとして利用できるようになります。


一応…、投票なので、全部回答したあとに「矢印ボタン」をクリックすると…、
plyfe_12_2

どの項目に多くの票が集まっているのか、確認をすることができます。
plyfe_13

小サイズの「投票」コンテンツを、実際に作ってみたのがコチラ!(以下の画像をクリックしてください)


(※コチラからも投票できます


まだある、こんな機能たち!
「plyfe」では、他にもさまざまなコンテンツを、ブログやサイトへ組み込めるようになっています。

例えば、ブログ内にYouTube動画を埋め込んで、読者が「どのように感じたか?」を調査できるコンテンツを作ってみましょう!


そこで、まずは「VIDEO POLL」を選択します。
plyfe_14

YouTube動画のURLかIDをコピペして、説明用の文章を入力します。
plyfe_15

そして、読者に問いかける質問を決めます。
plyfe_16 この質問は、YouTubeの動画を見終わった時に表示されるようになります。


すると、こんな感じで掲載できます!(動画を最後まで見たら、質問が表示されますよ)

(※コチラからも視聴できます


他にも、SNSを活用した「写真ギャラリー」を作ってみましょう!

まずは、「SOCIAL GALLERY」を選択します。
plyfe_17

検索ボックスで「キーワード」を入力すると、instagramやtwitterで公開されている写真を収集して表示してくれます。
plyfe_18

あとは、気に入った写真を選んでいくだけです!
plyfe_19

これだけで、オシャレな写真ギャラリーの完成!
plyfe_20サンプルはコチラから見れます!

このギャラリーは、SNSの画像を再利用しているのがポイントで、例えば「オフ会」や「勉強会」などがあった時に、ユーザー同士の画像を収集してブログに公開することが可能になるわけです。



他にも、以下のようなコンテンツを作ることができます!

・画像を見て、スワイプするだけで「好き・嫌い」を選択できるコンテンツ。
・クイズに答えて、読者同士でスコアを競うコンテンツ。
・ユーザーの回答に合わせて、オススメの記事やサイトを紹介できるコンテンツ。

…など、いずれも「質」の高い「ブログ」や「Webサイト」作りには最適です!

ちなみに、「plyfe」を利用している海外ユーザーには、「どちらのドレスを買ったら良いか?」というコンテンツを作ってブログに掲載している人もいます。
plyfe_21 読者の反応を見てから、購入を決めるという面白い活用方法ですね。


このように、ブログを「書く人」と「読む人」が、一緒に体験できるインタラクティブなコンテンツを楽しめるのが「plyfe」の魅力でしょう。


おまけ
今回ご紹介した「plyfe」と組み合わせれば、さらに楽しい体験ができるサービスを合わせてご紹介しておきます。

【コピペ1発で、自分のブログやサイトにSNS機能を実装できる「Spot.IM」がヤバイ!】
plyfe_22 わずか数行のコードを「HTMLファイル」に加えるだけで、オリジナルのSNS機能を組み込むことができます。

「Spot.IM」は海外サービスですが、「はてなブログ」「ライブドアブログ」「WordPress」など、ほとんどのブログサービスで利用することができます。

また、専用アプリも用意されており、自分のブログだけに特化したSNSや、社内専用SNSアプリなどを作ることも簡単ですよ!


まとめ
「plyfe」は、まだ誕生したばかりのサービスで、今後も続々と機能追加が予定されています。

今回は、ブログをテーマにしてご紹介しましたが、もちろん企業サイトやWebサービスなどに使っても面白いと思います。

ぜひ、みなさんも自分だけの「使い方」を考案して、ブログやWebサイトに活用してみてください!


<参考>
「plyfe」公式サイト



wirtten by まさとらん

まさとらん

国内外問わず「良いモノ」だけひたすら集めて情報共有してます。
厳選ネタはアプギガ内で分かりやすく情報発信中!
その他の旬なネタは、twitterにて発信してますので、お気軽にどうぞ!

twitter:0310lan

この記事を読んでいる人は、他にこんな記事も読んでいます。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

ページトップへ戻る