シェアしたくなる最新のWebサービス・ITニュース情報をチェック!
  • follow us in feedly

アプギガトップ > Webサービス > YouTube動画内に、まったく違う動画やWebページを挿入できる「videopath」が衝撃的!
注目記事ピックアップ
ブロックを繋げてWebアプリやゲームを作れる「Weld Action Blocks」が思わず夢中になる面白さ!
share0
ブロックを繋げてWebアプリやゲームを作れる「Weld Action Blocks」が思わず夢中になる面白さ!
ブロックを繋げるだけでチャットボットが作成できる「Motion AI」は、WebもSNSも無料で運用可能!
share0
ブロックを繋げるだけでチャットボットが作成できる「Motion AI」は、WebもSNSも無料で運用可能!
プログラミングしないと戦えないWebストラテジーゲーム「Empire of Code」が時間泥棒確定!
share0
プログラミングしないと戦えないWebストラテジーゲーム「Empire of Code」が時間泥棒確定!
動画の中身をAI(人工知能)が認識&タグ付けする「Clarifai」が検索エンジンに革命を起こす!
share0
動画の中身をAI(人工知能)が認識&タグ付けする「Clarifai」が検索エンジンに革命を起こす!
ブラウザだけで完結する「bot開発環境」を無償提供した「Meya.ai」は、ボットのホスティングまで可能!
share0
ブラウザだけで完結する「bot開発環境」を無償提供した「Meya.ai」は、ボットのホスティングまで可能!
スマホで3Dモデルを現実世界に召喚し、自在に動かせる「Augment」サービスが無料公開中!
share0
スマホで3Dモデルを現実世界に召喚し、自在に動かせる「Augment」サービスが無料公開中!
コード不要で、独自Webサービスをブラウザ上で無料開発できる「Bubble」を使ってみた!
share0
コード不要で、独自Webサービスをブラウザ上で無料開発できる「Bubble」を使ってみた!
わずか1行のコードで、Web制作が劇的に捗るサービスと連携し放題になる「StackPile」を使ってみた!
share0
わずか1行のコードで、Web制作が劇的に捗るサービスと連携し放題になる「StackPile」を使ってみた!
脅威の認識技術で別人の顔に変身できるアプリ「MSQRD」が予想以上に変身できる件!
share0
脅威の認識技術で別人の顔に変身できるアプリ「MSQRD」が予想以上に変身できる件!
天才的な猛者が開発した究極の「HTML5ゲーム」16選が思わず熱くなり過ぎる件!
share0
天才的な猛者が開発した究極の「HTML5ゲーム」16選が思わず熱くなり過ぎる件!
Web開発系の情報収集が爆速になる絶対覚えておきたいWebサービス7選+α!
share0
Web開発系の情報収集が爆速になる絶対覚えておきたいWebサービス7選+α!
Webサイトに訪れたユーザーの行動を「映像化」してトラッキングできる「Jaco」を使ってみた!
share0
Webサイトに訪れたユーザーの行動を「映像化」してトラッキングできる「Jaco」を使ってみた!
タスク管理の「Trello」にWeb制作機能を搭載できる「CardForm」が斬新過ぎてスゴイ!
share0
タスク管理の「Trello」にWeb制作機能を搭載できる「CardForm」が斬新過ぎてスゴイ!
URLを指定するだけ!どんなWebデータも一発で可視化できる「Silk」は、そのままWebサイトも制作可能で無料提供中!
share0
URLを指定するだけ!どんなWebデータも一発で可視化できる「Silk」は、そのままWebサイトも制作可能で無料提供中!
GoogleドライブにTrello風タスク管理機能を拡張できる「Kanbanchi」を試してみた!
share0
GoogleドライブにTrello風タスク管理機能を拡張できる「Kanbanchi」を試してみた!
ググる前にチェックすべき「Web開発系」サービスをまとめた至高の情報サイト8個+α!
share0
ググる前にチェックすべき「Web開発系」サービスをまとめた至高の情報サイト8個+α!
好きなYouTube動画の「見て欲しいシーン」だけを抽出して再公開できる「vibby」が便利すぎる件!
share0
好きなYouTube動画の「見て欲しいシーン」だけを抽出して再公開できる「vibby」が便利すぎる件!
実はゲーム機として優秀なスマホ「Galaxy S7 edge」でポケモンGOを遊び倒してみた!<PR>
share0
実はゲーム機として優秀なスマホ「Galaxy S7 edge」でポケモンGOを遊び倒してみた!<PR>
Webサービス
ad 今の年収で満足ですか?
typeで転職した71%が年収アップ!
2015/06/30 21:10

YouTube動画内に、まったく違う動画やWebページを挿入できる「videopath」が衝撃的!

videopath_01 どうも、まさとらん(@0310lan)です!

みなさんは、YouTubeで動画をよく見ますか?

動画コンテンツは、動きのある映像を見ている時は良いのですが、じっくりと文章や画像で知りたいケースもあると思います。

そんな多彩なコンテンツを、1本の動画に融合できる便利なWebサービスがあるのでご紹介しようと思います!

【 videopath 】
videopath_02

どんな動画が作れるの?
「videopath」を簡単に説明すると、動画のタイムラインと連動した「ボタン」を擬似的に設置できるサービスとなります。

そして、そのボタンはクリックすることで、Webページや別の動画などを表示できるインタラクティブなコンテンツとして機能するのです!


例えば、「videopath」の公式サイトにあるデモ動画を見てみましょう。


上記動画を再生して、マウスを動画内に近づけると、擬似的なタイムラインが左側に配置されているのが分かります。
videopath_03 ボタンは動画と連動しているので、任意の再生ポイントまで来たらボタンが強調表示されるのでクリックしてみましょう!


すると、動画だけでは伝えにくいデータを、グラフにして表示したり…、
videopath_04

関連する「facebookページ」や「twitterタイムライン」などの最新情報を見たり…、
videopath_05

動画を見ている画面内で、ユーザーに見せたい別の動画を表示したり…、
videopath_06

Webサービスの紹介動画であれば、そのまま「登録ページ」を表示させることも可能です!
videopath_07 このように、従来の動画コンテンツでは出来なかった機能を多数搭載しているのが特徴で、基本サービスはすべて無料で提供されています。


「videopath」の使い方!
それでは、実際にどうやって多機能な動画を作るのか、「videopath」を使いながらご紹介してみようと思います。

まずは、サイトにアクセスして無料のユーザー登録を済ませたら、自分専用のマイページを表示させましょう。
videopath_08

「CREATE NEW PROJECT」ボタンをクリックして、任意の「YouTube動画URL」をコピペします。
videopath_09 (※今回はサンプルとして、バスケットボールの動画で試しました…)


動画の読み込みが完了したら、メインの編集画面が表示されます。
videopath_10 ここで、さまざまなコンテンツを動画に挿入できるようになるわけです。


サンプルとして、任意の再生ポイントで「Webページ」を表示させるコンテンツを作ってみましょう!

そこで、左側にある「オレンジ色のバー」を、タイムラインの任意のポイントまでドラッグします。
videopath_11

すると、コンテンツ挿入画面が表示されます。
videopath_12

あとは、挿入したい写真、動画、Webページなどを、ドラッグ&ドロップするだけです!
videopath_13

Webページを挿入する場合は、挿入したいページのURLを入力すればOK!
videopath_14

こんな感じで、自動的に表示してくれます。
videopath_15 確認後に、SAVEボタンをクリックするのを忘れないようにしましょう。


画面右下にある「PREVIEW」ボタンをクリックします。
videopath_16

するとプレビュー表示になるので、再生して任意のポイントに来たらクリックしてみましょう。
videopath_17

ボタンをクリックして、先ほど設定したWebページが表示されたら成功です!
videopath_18 このように、とても簡単な方法で動画内に好きなコンテンツを追加できるわけです。


Webページ以外にも、YouTube動画やSoundCloudの音声も、URLを指定するだけで挿入可能です。
videopath_19

テキストと写真を組み合わせることで、ミニブログ的なコンテンツを挿入できたり…、
videopath_20

SNSアカウント名を入力するだけで、最新の投稿を表示してみたり…、
videopath_21

擬似ボタンを作成して、ユーザーがクリックしたら任意のWebページへ飛ばすような仕掛けを作ることも可能!
videopath_22

ある程度、動画作りが完成したら「PUBLISH」ボタンをクリック!
videopath_23 すると、動画の書き出しが始まり、世界中に公開できるようになります。

あとは、「埋め込みタグ」をブログやサイトに貼り付ければ、どこにでも作った動画を公開することができるわけです。
videopath_24

まだあるこんな機能たち!
「videopath」には、他にも便利な機能が用意されています。

例えば、再生プレイヤーを自分好みにカスタマイズできるように、カラーの配色選択ができるようになっていたり…、
videopath_25

ブログなどに動画を埋め込んだ時に、自分の好きなサムネイル画像を表示できるように、画像をアップロードできたり…、
videopath_26

いつ、どのような人が、動画を見てくれたのかを、詳しく解析できる「アナリティクス機能」も用意されています!
videopath_27 このような機能も合わせて有効活用すれば、より自分らしい多機能な動画コンテンツを制作できるようになるでしょう。


おまけ
今回の「videopath」と合わせて活用すると、さらに素敵なコンテンツ作りができそうなWebサービスも一緒にご紹介しておきます!

【動画の「人物・背景」に広告を埋め込む新技術「cinematique」がヤバ過ぎ。タッチで購入も可能!】
videopath_28 動画を見ていて、登場人物が身に付けている洋服やカバンなどが欲しいと思ったことはありませんか?

そんな時に、そのまま動画内の欲しいアイテムをタッチするだけで、自分のマイページに商品を保存できるようになるのが、このサービスの面白いところ。

マイページから、タッチした商品を購入することもできるようになります。

新しい動画技術に興味のある方は、ぜひ参考にしてみてください!


まとめ
今後は、見るだけの動画よりも、インタラクティブな体験ができる動画コンテンツが活発になっていくような気がしています。

過去にも、アプギガでは「WIREWAX」や「Interlude.fm」など、動画に多彩な機能を追加して、ユーザーに提供する価値を高めるサービスをご紹介してきました。

恐らく、今後はYouTubeも何らかの付加価値を搭載してくると思われるので、まずは今回ご紹介したようなサービスを使って、インタラクティブな動画体験をしてみてはいかがでしょうか。


<参考>
「videopath」公式サイト



wirtten by まさとらん

まさとらん

国内外問わず「良いモノ」だけひたすら集めて情報共有してます。
厳選ネタはアプギガ内で分かりやすく情報発信中!
その他の旬なネタは、twitterにて発信してますので、お気軽にどうぞ!

twitter:0310lan

この記事を読んでいる人は、他にこんな記事も読んでいます。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

ページトップへ戻る