シェアしたくなる最新のWebサービス・ITニュース情報をチェック!
  • follow us in feedly

アプギガトップ > Webサービス > 好きなYouTube動画の「見て欲しいシーン」だけを抽出して再公開できる「vibby」が便利すぎる件!
注目記事ピックアップ
思わずWeb開発したくなる最強のJavaScriptライブラリ7選が楽し過ぎてヤバイ!
share0
思わずWeb開発したくなる最強のJavaScriptライブラリ7選が楽し過ぎてヤバイ!
編集ソフト不要!アップロードした画像のURLをいじるだけで多彩な加工編集を実現する「Scaley.io」が登録不要で無料公開中!
share0
編集ソフト不要!アップロードした画像のURLをいじるだけで多彩な加工編集を実現する「Scaley.io」が登録不要で無料公開中!
1枚の写真だけで超リアルな3D顔面をWeb上で高速生成できる「3D Face Reconstruction」を使ってみた!
share0
1枚の写真だけで超リアルな3D顔面をWeb上で高速生成できる「3D Face Reconstruction」を使ってみた!
エアフォースワンの内部もVR空間に!Web上であらゆる場所を歩き回れる「Matterport 3D Gallery」の没入感がスゴイ!
share0
エアフォースワンの内部もVR空間に!Web上であらゆる場所を歩き回れる「Matterport 3D Gallery」の没入感がスゴイ!
「アプギガ!!」2016年の総まとめ!もう一度読みたくなる人気のバズ記事をまとめてみた!
share0
「アプギガ!!」2016年の総まとめ!もう一度読みたくなる人気のバズ記事をまとめてみた!
コピペ一発!どんなWebサイトもチャットサポートを無料で導入可能な「Crisp」を使ってみた!
share0
コピペ一発!どんなWebサイトもチャットサポートを無料で導入可能な「Crisp」を使ってみた!
ブログ感覚でWebアプリやサイトの更新履歴を作成&公開できる「Barelog」を使ってみた!
share0
ブログ感覚でWebアプリやサイトの更新履歴を作成&公開できる「Barelog」を使ってみた!
こんなAR技術が欲しかった!スマホをかざすだけでプロ並みのスケッチを描ける「SketchAR」アプリを使ってみた!
share0
こんなAR技術が欲しかった!スマホをかざすだけでプロ並みのスケッチを描ける「SketchAR」アプリを使ってみた!
開発が面倒なWebコンテンツを「ウィジェット化」して誰でも利用可能にする無料サービス「Widgetic」を使ってみた!
share0
開発が面倒なWebコンテンツを「ウィジェット化」して誰でも利用可能にする無料サービス「Widgetic」を使ってみた!
スクショ付きでブックマークを一元管理できるWebアプリ「Bookmark OS」を使ってみた!
share0
スクショ付きでブックマークを一元管理できるWebアプリ「Bookmark OS」を使ってみた!
スマホのタッチ操作に最適化されたWebアンケートが作れるサービス「Wyzerr」を使ってみた!
share0
スマホのタッチ操作に最適化されたWebアンケートが作れるサービス「Wyzerr」を使ってみた!
今すぐブラウザ上に「ライブ配信」のスタジオ環境をタダで構築できる「Lightstream」を使ってみた!
share0
今すぐブラウザ上に「ライブ配信」のスタジオ環境をタダで構築できる「Lightstream」を使ってみた!
筆跡がリアルに変化する「自作Webフォント」を生成可能な「Calligraphr」で自分用フォントを手書きしてみた!
share0
筆跡がリアルに変化する「自作Webフォント」を生成可能な「Calligraphr」で自分用フォントを手書きしてみた!
有名WebサービスのAPIをすべて同じ書き方でプログラミング可能な「RapidAPI」は、検索・テストもブラウザ上で実行可能!
share0
有名WebサービスのAPIをすべて同じ書き方でプログラミング可能な「RapidAPI」は、検索・テストもブラウザ上で実行可能!
匿名もOK!SkypeでWebコードエディタを共有できる「Interviews on Skype」が無償公開中!
share0
匿名もOK!SkypeでWebコードエディタを共有できる「Interviews on Skype」が無償公開中!
英語で「VR空間作って」と書くだけで、本当にWeb上でVR体験が実現する「GuriVR」を使ってみた!
share0
英語で「VR空間作って」と書くだけで、本当にWeb上でVR体験が実現する「GuriVR」を使ってみた!
登録不要!匿名で記事も公開できる究極にシンプルなWebエディタ「IO」が最高の使い心地だった!
share0
登録不要!匿名で記事も公開できる究極にシンプルなWebエディタ「IO」が最高の使い心地だった!
データ可視化の最強ツール!Web上でスライド資料やインフォグラフィックを制作できる万能Webエディタ「Visme」を使ってみた!
share0
データ可視化の最強ツール!Web上でスライド資料やインフォグラフィックを制作できる万能Webエディタ「Visme」を使ってみた!
ブラウザから即起動!ゼロからSVG画像を作成できるWebエディタ「Vectr」が完全無料で公開中!
share0
ブラウザから即起動!ゼロからSVG画像を作成できるWebエディタ「Vectr」が完全無料で公開中!
まだ進化を続けるGoogle検索の特殊機能12選をまとめてみた!
share0
まだ進化を続けるGoogle検索の特殊機能12選をまとめてみた!
Webサービス
ad 今の年収で満足ですか?
typeで転職した71%が年収アップ!
2016/03/04 19:48

好きなYouTube動画の「見て欲しいシーン」だけを抽出して再公開できる「vibby」が便利すぎる件!

vibby-01 どうも、まさとらん(@0310lan)です!

みなさんは、YouTube動画を誰かに紹介したことがあるでしょうか?
面白い動画を見つけたら、SNSでシェアすることもあれば、自分のブログやサイトなどに貼り付けて紹介するようなケースもあると思います。

そんな時に、この動画の「このシーンを見て欲しい!」…というのが簡単に実現できるサービスが公開されているのでご紹介しようと思います!

【 Vibby 】
vibby-02

どんな動画が作れるのか?
「Vibby」を利用すると、好きなYouTube動画を選んで、自分が「ココを見て欲しい!」という範囲を複数指定して、そのシーンだけを集めた動画に再構築して公開することが可能になります。


例えば、「サッカー」のようなスポーツ系動画であれば、最も盛り上がったシーンだけを集めた以下のような動画にできます。

ハイライトシーンだけなので、20分くらいの動画を2分程度にまとめることができ、時間の無い人でも見れるようになりますね。


また、映画の予告編などを使って「このシーンが面白そう…」といった紹介も簡単にできます。



他にも、「GoPro」カメラで撮影したような動画も、面白いと感じる部分だけを切り取って紹介したり…、



著名人のトークセッション動画などで、自分が勉強になったシーンだけを集めて紹介するのもアリでしょう。

このように、アイデア次第では面白いコンテンツ作りに利用できるとあって、海外ではジワジワと人気を集めているサービスとなっています。


動画を作ってみよう!
それでは、実際に「Vibby」を使いながら、どのように動画を作っていくのかを見ていきたいと思います!

まずは、サイトにアクセスして、トップページにあるボタンをクリックしましょう!
vibby-03

次に表示される画面で、自分が編集したいYouTube動画の「URL」をコピペします。
vibby-04 初回のみ、「Start」ボタンをクリックするとログイン画面が表示されるので、無料のユーザー登録を済ませておきましょう。


YouTubeのURLが解析されたら、以下のような「動画編集エディタ」が表示されます!
vibby-05 今回は、NBAの試合動画を使って編集してみます。


編集方法は簡単で、動画を見ながら「ココだ!」というシーンになったら、左下の「+」アイコンをクリックします。
vibby-06 「+」アイコンが「記録開始ボタン」になっており、クリックすることでそのまま動画を記録して抽出してくれます。
もう一度クリックすれば記録をストップできます。(何度でもやり直し可能です…)


これを繰り返していくと、この動画の「ココを見て欲しい!」というシーンだけを簡単に抽出していくことができます!
vibby-07 複数抽出しても良いし、1箇所だけでも面白いでしょう。


ある程度できたら、「Next」ボタンをクリック!
vibby-08

すると、書き出し用の画面が表示されます。
vibby-09 設定方法としては、以下の3ステップになります!


➀、動画タイトルを入力
➁、近いと思われるカテゴリを選択
➂、書き出しボタンをクリック


これで完成です!

ちなみに、公開したくない場合は「Make this vib private」にチェックを入れておきましょう。


完成した動画は、「埋め込みタグ」を使って簡単にブログやサイトに貼り付けることが出来るので便利です!



コメントを付けてみよう!
「Vibby」を使うと、非常にシンプルな操作でお気に入りシーンを抽出できるわけですが、実は「コメント機能」も搭載されています。


コメントは、動画再生中にマウスを「再生バー」付近に近づけると表示されます。
vibby-10 「見て欲しい動画」だけを抽出しているわけですが、さらに文字でも何か伝えたいことがあれば編集画面から簡単に入力できます。


さらに、動画を見ているユーザーは、そのコメントにそのまま返信することもできます。
vibby-11 このように、ちょっとしたSNSのような感覚で不特定多数の人と意見交換もできるようになるわけです。


また、「埋め込みタグ」以外にも、twitterやfacebookなどのSNSに投稿する際、動画が最適化されて見やすく表示されるのも地味に便利だと思います。
vibby-12

「Vibby」を使った、一連の作業風景は以下の動画からチェックできます!


※世界中の「Vibbyユーザー」が作った動画は、コチラから一覧できます。


おまけ
最後に、YouTube動画をインタラクティブなコンテンツへと変貌させるWebサービスもあるので、合わせてご紹介しようと思います!

【YouTube動画内に、まったく違う動画やWebページを挿入できる「videopath」が衝撃的!】
vibby-20 YouTube動画内にタイムラインや擬似的なボタンなどを表示することができ、画像や別の動画を挿入できるようになります。

また、任意のSNS投稿やWebサービスのログイン画面、ミニブログのようなコンテンツも自由に配置できるので、従来の動画以上のサービスを簡単に付与できるスグレモノです!

ご興味ある方は、ぜひ参考にしてみてください!


まとめ
「Vibby」の活用法はさまざま考えられますが、特に動画コンテンツをメインにしたブログやサイトを運営されている方であれば、ぜひ一度チェックしてみて欲しいと思います。

海外では、スポーツやゲーム関連動画のハイライトシーンを抽出していたり、大学の講義やセミナー&トークセッションなどの長尺動画を短くするのによく使われているようです。

みなさんも、オリジナルのアイデアを考えて、ぜひ活用してみてください!



<参考>
「Vibby」公式サイト



written by まさとらん(@0310lan)

まさとらん

国内外問わず「良いモノ」だけひたすら集めて情報共有してます。
厳選ネタはアプギガ内で分かりやすく情報発信中!
その他の旬なネタは、twitterにて発信してますので、お気軽にどうぞ!

twitter:0310lan

この記事を読んでいる人は、他にこんな記事も読んでいます。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

ページトップへ戻る