シェアしたくなる最新のWebサービス・ITニュース情報をチェック!
  • follow us in feedly

アプギガトップ > Webサービス > 1枚の写真だけで超リアルな3D顔面をWeb上で高速生成できる「3D Face Reconstruction」を使ってみた!
注目記事ピックアップ
編集ソフト不要!アップロードした画像のURLをいじるだけで多彩な加工編集を実現する「Scaley.io」が登録不要で無料公開中!
share0
編集ソフト不要!アップロードした画像のURLをいじるだけで多彩な加工編集を実現する「Scaley.io」が登録不要で無料公開中!
「docs・Wiki・task」が融合した超軽量Webエディタ「Notion」の潜在能力が高過ぎる件!
share0
「docs・Wiki・task」が融合した超軽量Webエディタ「Notion」の潜在能力が高過ぎる件!
ブラウザ上でサイト構成図(マップ)を作成して複数人とコラボ連携可能な「FlowMapp」を使ってみた!
share0
ブラウザ上でサイト構成図(マップ)を作成して複数人とコラボ連携可能な「FlowMapp」を使ってみた!
データ可視化の最強ツール!Web上でスライド資料やインフォグラフィックを制作できる万能Webエディタ「Visme」を使ってみた!
share0
データ可視化の最強ツール!Web上でスライド資料やインフォグラフィックを制作できる万能Webエディタ「Visme」を使ってみた!
エアフォースワンの内部もVR空間に!Web上であらゆる場所を歩き回れる「Matterport 3D Gallery」の没入感がスゴイ!
share0
エアフォースワンの内部もVR空間に!Web上であらゆる場所を歩き回れる「Matterport 3D Gallery」の没入感がスゴイ!
コピペ一発!どんなWebサイトもチャットサポートを無料で導入可能な「Crisp」を使ってみた!
share0
コピペ一発!どんなWebサイトもチャットサポートを無料で導入可能な「Crisp」を使ってみた!
有名WebサービスのAPIをすべて同じ書き方でプログラミング可能な「RapidAPI」は、検索・テストもブラウザ上で実行可能!
share0
有名WebサービスのAPIをすべて同じ書き方でプログラミング可能な「RapidAPI」は、検索・テストもブラウザ上で実行可能!
1枚の画像に好きな情報を埋め込んでマッピングできるWebサービス「Pictogon」を使ってみた!
share0
1枚の画像に好きな情報を埋め込んでマッピングできるWebサービス「Pictogon」を使ってみた!
スクショ付きでブックマークを一元管理できるWebアプリ「Bookmark OS」を使ってみた!
share0
スクショ付きでブックマークを一元管理できるWebアプリ「Bookmark OS」を使ってみた!
登録不要!匿名で記事も公開できる究極にシンプルなWebエディタ「IO」が最高の使い心地だった!
share0
登録不要!匿名で記事も公開できる究極にシンプルなWebエディタ「IO」が最高の使い心地だった!
Web上でプログラミングに特化したスクリーンキャストを無料で作れる「Scrimba」の革命的な機能がスゴイと話題に!
share0
Web上でプログラミングに特化したスクリーンキャストを無料で作れる「Scrimba」の革命的な機能がスゴイと話題に!
「アプギガ!!」2016年の総まとめ!もう一度読みたくなる人気のバズ記事をまとめてみた!
share0
「アプギガ!!」2016年の総まとめ!もう一度読みたくなる人気のバズ記事をまとめてみた!
匿名もOK!SkypeでWebコードエディタを共有できる「Interviews on Skype」が無償公開中!
share0
匿名もOK!SkypeでWebコードエディタを共有できる「Interviews on Skype」が無償公開中!
JavaScriptでマインクラフト風の建造物が作れる無料Webアプリ「Web Blocks」で遊んでみた!
share0
JavaScriptでマインクラフト風の建造物が作れる無料Webアプリ「Web Blocks」で遊んでみた!
今すぐブラウザ上に「ライブ配信」のスタジオ環境をタダで構築できる「Lightstream」を使ってみた!
share0
今すぐブラウザ上に「ライブ配信」のスタジオ環境をタダで構築できる「Lightstream」を使ってみた!
ブログ感覚でオンラインのプログラミング講座を作成・公開できる「educative」は課金機能も無料で利用可能!
share0
ブログ感覚でオンラインのプログラミング講座を作成・公開できる「educative」は課金機能も無料で利用可能!
こんなAR技術が欲しかった!スマホをかざすだけでプロ並みのスケッチを描ける「SketchAR」アプリを使ってみた!
share0
こんなAR技術が欲しかった!スマホをかざすだけでプロ並みのスケッチを描ける「SketchAR」アプリを使ってみた!
1枚の写真だけで超リアルな3D顔面をWeb上で高速生成できる「3D Face Reconstruction」を使ってみた!
share0
1枚の写真だけで超リアルな3D顔面をWeb上で高速生成できる「3D Face Reconstruction」を使ってみた!
ブログ感覚でWebアプリやサイトの更新履歴を作成&公開できる「Barelog」を使ってみた!
share0
ブログ感覚でWebアプリやサイトの更新履歴を作成&公開できる「Barelog」を使ってみた!
筆跡がリアルに変化する「自作Webフォント」を生成可能な「Calligraphr」で自分用フォントを手書きしてみた!
share0
筆跡がリアルに変化する「自作Webフォント」を生成可能な「Calligraphr」で自分用フォントを手書きしてみた!
Webサービス
ad 今の年収で満足ですか?
typeで転職した71%が年収アップ!
2017/09/18 18:40

1枚の写真だけで超リアルな3D顔面をWeb上で高速生成できる「3D Face Reconstruction」を使ってみた!

3d-face-reconstruction-01 どうも、まさとらん(@0310lan)です!

今回は、1枚の顔写真をアップロードするだけで、機械学習を応用した立体的な3Dの「顔」を生成してくれる無料Webサービスのご紹介です!

類似サービスはいくつかありますが、1枚の画像だけですべて自動的に実行してくれるうえ、「OBJファイル」としてダウンロードすることも出来るのが特徴的でしょう。

【 3D Face Reconstruction 】
3d-face-reconstruction-02

基本的な使い方!

それでは、実際に使いながらどのようなサービスなのかを詳しく見ていきましょう!


サイトにアクセスすると、自分が持っている画像を使うか、あらかじめ用意されているサンプル画像を利用できるようになっています。
3d-face-reconstruction-03

今回は、ひとまず好きなサンプル画像を1つ選んでクリックしてみます。
3d-face-reconstruction-04

すると、即座に「顔」の認識と解析が始まります。
3d-face-reconstruction-05

そして、あっという間に3Dの「顔」が完成!
3d-face-reconstruction-06 簡単ですね!

マウスでドラッグすることで、グリグリ動かして立体的に見ることができます。


右側メニューの「Z Translate」のバーを動かすことで、元画像との距離を調整することも可能。
3d-face-reconstruction-07

背景画像をOFFにして、3Dの「顔面」だけにすることもできます。
3d-face-reconstruction-08

そして、このまま「OBJファイル」として書き出すことも出来るのです!
3d-face-reconstruction-09 このファイルを活用すれば、自分の「顔」を3Dプリントしたり、Unityなどを使ってVR / ARアプリなどを作って楽しむのも良いですね。


「3D顔面」のサンプル例!

「3D Face Reconstruction」を使った3D変換はとても簡単なため、いくつかフリー画像を使って試してみたのでご紹介しておきます!


こちらは、男性モデルのケース。
3d-face-reconstruction-10

子供の写真。
3d-face-reconstruction-11

お婆さんの写真。
3d-face-reconstruction-12

白黒写真もOKです。
3d-face-reconstruction-13 ちなみに、「顔」のアップが写っている写真じゃなくても、自動的に「顔」がある部分を認識して切り抜いてくれるので安心です。

ただし、サングラスや横顔など…、真正面の「顔」として認識できない場合はエラーになるので注意しましょう。


おまけ

最後に、今回ご紹介したサービスと同じく、1枚の写真からリアルな3D変換ができるサービスがあるので合わせてご紹介しておきます!

【写真をマウスでなぞっていくと「3Dモデル」が自動作成できる「Smoothie-3D」がヤバ過ぎる!】
3d-face-reconstruction-14 こちらは、写真に写っている「人・動物・モノ」を、マウスでなぞっていくだけで、立体的な3Dモデルを作成できるサービスです。

過去に話題となっていましたが、今でも重宝する3Dサービスとして人気があるので、ご興味ある方はぜひチェックしてみてください。


まとめ

今回ご紹介した「3D Face Reconstruction」は、2017年9月7日に一般公開されてからすでに10万枚以上の顔写真が3D変換されています。

そして、ソースコードもMITライセンスでGitHub上に公開されており、改良も随時行われています。

ぜひ、みなさんも自分の「顔」を3D化して楽しんでみてください!


<参考>
「3D Face Reconstruction」公式サイト

「3D Face Reconstruction」GitHubページ


written by まさとらん(@0310lan

まさとらん

国内外問わず「良いモノ」だけひたすら集めて情報共有してます。
厳選ネタはアプギガ内で分かりやすく情報発信中!
その他の旬なネタは、twitterにて発信してますので、お気軽にどうぞ!

twitter:0310lan

この記事を読んでいる人は、他にこんな記事も読んでいます。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

ページトップへ戻る