シェアしたくなる最新のWebサービス・ITニュース情報をチェック!
  • follow us in feedly

アプギガトップ > インターネット > 本気過ぎて鳥肌モノ! Webで公開中の「タイムスリップ!堀部安兵衛」の映像にハマる人続出!
注目記事ピックアップ
今すぐブラウザ上に「ライブ配信」のスタジオ環境をタダで構築できる「Lightstream」を使ってみた!
share0
今すぐブラウザ上に「ライブ配信」のスタジオ環境をタダで構築できる「Lightstream」を使ってみた!
コピペ一発!どんなWebサイトもチャットサポートを無料で導入可能な「Crisp」を使ってみた!
share0
コピペ一発!どんなWebサイトもチャットサポートを無料で導入可能な「Crisp」を使ってみた!
ブラウザから即起動!ゼロからSVG画像を作成できるWebエディタ「Vectr」が完全無料で公開中!
share0
ブラウザから即起動!ゼロからSVG画像を作成できるWebエディタ「Vectr」が完全無料で公開中!
開発が面倒なWebコンテンツを「ウィジェット化」して誰でも利用可能にする無料サービス「Widgetic」を使ってみた!
share0
開発が面倒なWebコンテンツを「ウィジェット化」して誰でも利用可能にする無料サービス「Widgetic」を使ってみた!
有名WebサービスのAPIをすべて同じ書き方でプログラミング可能な「RapidAPI」は、検索・テストもブラウザ上で実行可能!
share0
有名WebサービスのAPIをすべて同じ書き方でプログラミング可能な「RapidAPI」は、検索・テストもブラウザ上で実行可能!
ブログ感覚でオンラインのプログラミング講座を作成・公開できる「educative」は課金機能も無料で利用可能!
share0
ブログ感覚でオンラインのプログラミング講座を作成・公開できる「educative」は課金機能も無料で利用可能!
実はゲーム機として優秀なスマホ「Galaxy S7 edge」でポケモンGOを遊び倒してみた!<PR>
share0
実はゲーム機として優秀なスマホ「Galaxy S7 edge」でポケモンGOを遊び倒してみた!<PR>
スクショ付きでブックマークを一元管理できるWebアプリ「Bookmark OS」を使ってみた!
share0
スクショ付きでブックマークを一元管理できるWebアプリ「Bookmark OS」を使ってみた!
指先1本でミニゲームを開発してシェアし合う新型SNSアプリ「Hopscotch」で遊んでみた!
share0
指先1本でミニゲームを開発してシェアし合う新型SNSアプリ「Hopscotch」で遊んでみた!
今すぐ、自分の知識を「オンライン学習コース」としてWebに公開できる「Thinkific」の多機能ぶりに驚愕!
share0
今すぐ、自分の知識を「オンライン学習コース」としてWebに公開できる「Thinkific」の多機能ぶりに驚愕!
エアフォースワンの内部もVR空間に!Web上であらゆる場所を歩き回れる「Matterport 3D Gallery」の没入感がスゴイ!
share0
エアフォースワンの内部もVR空間に!Web上であらゆる場所を歩き回れる「Matterport 3D Gallery」の没入感がスゴイ!
JavaScriptでマインクラフト風の建造物が作れる無料Webアプリ「Web Blocks」で遊んでみた!
share0
JavaScriptでマインクラフト風の建造物が作れる無料Webアプリ「Web Blocks」で遊んでみた!
英語で「VR空間作って」と書くだけで、本当にWeb上でVR体験が実現する「GuriVR」を使ってみた!
share0
英語で「VR空間作って」と書くだけで、本当にWeb上でVR体験が実現する「GuriVR」を使ってみた!
こんなAR技術が欲しかった!スマホをかざすだけでプロ並みのスケッチを描ける「SketchAR」アプリを使ってみた!
share0
こんなAR技術が欲しかった!スマホをかざすだけでプロ並みのスケッチを描ける「SketchAR」アプリを使ってみた!
データ可視化の最強ツール!Web上でスライド資料やインフォグラフィックを制作できる万能Webエディタ「Visme」を使ってみた!
share0
データ可視化の最強ツール!Web上でスライド資料やインフォグラフィックを制作できる万能Webエディタ「Visme」を使ってみた!
思わずWeb開発したくなる最強のJavaScriptライブラリ7選が楽し過ぎてヤバイ!
share0
思わずWeb開発したくなる最強のJavaScriptライブラリ7選が楽し過ぎてヤバイ!
筆跡がリアルに変化する「自作Webフォント」を生成可能な「Calligraphr」で自分用フォントを手書きしてみた!
share0
筆跡がリアルに変化する「自作Webフォント」を生成可能な「Calligraphr」で自分用フォントを手書きしてみた!
Web上でプログラミングに特化したスクリーンキャストを無料で作れる「Scrimba」の革命的な機能がスゴイと話題に!
share0
Web上でプログラミングに特化したスクリーンキャストを無料で作れる「Scrimba」の革命的な機能がスゴイと話題に!
ブログ感覚でWebアプリやサイトの更新履歴を作成&公開できる「Barelog」を使ってみた!
share0
ブログ感覚でWebアプリやサイトの更新履歴を作成&公開できる「Barelog」を使ってみた!
編集ソフト不要!アップロードした画像のURLをいじるだけで多彩な加工編集を実現する「Scaley.io」が登録不要で無料公開中!
share0
編集ソフト不要!アップロードした画像のURLをいじるだけで多彩な加工編集を実現する「Scaley.io」が登録不要で無料公開中!
インターネット
ad 今の年収で満足ですか?
typeで転職した71%が年収アップ!
2014/09/19 21:15

本気過ぎて鳥肌モノ! Webで公開中の「タイムスリップ!堀部安兵衛」の映像にハマる人続出!


突如、ネット上に公開された…およそ「34分」の映像作品が、今回ご紹介する「タイムスリップ!堀部安兵衛」です。

豪華なキャスト陣で送る「CMでも無くドラマでも無い…」まさに、映画並みの本気クオリティな映像作品を「三井不動産レジデンシャル株式会社」が公開していますので、早速ご紹介しようと思います!

 

一体、どんな映像作品なのか?
サイトのトップページにある「PLAY」ボタンをクリックすると、すぐに映像が開始されるようになっています。


 

「僕には、少し変わった後輩がいる…」

という語り口調が印象に残るシーンからスタートするのが、この作品の面白いところ。


 

1人だけ、会社とまったく合っていない、異様な雰囲気を漂わせる人物こそ「堀部安兵衛」…その人です。


 

「堀部安兵衛」というのが、どういう人物かを簡単に言うと、あの有名な「忠臣蔵」に出てくる赤穂浪士47人の1人で、剣豪と言われた人物です。



 

ところが、宿敵「吉良上野介」を討ちにいく途中で、なぜか現代にタイムスリップしてしまいます。


 

そこで出会ったのが、不動産会社で働く「青山」という若者。


 

偶然の出会いから、そのまま青山と一緒に仕事をするパートナーとなっていくのです。


 

会議にも一緒に参加するわけですが、こんな人がいたら気になってしょうがないですね…。


 

そして、社内で出会った美人の「裕子」に一目惚れ…。


 

武士の顔も、ゆるみっぱなし!


しかし、裕子は…かつての宿敵「吉良上野介」の子孫であることが分かり、物語はココから大きく進展していくことに…。

 

安兵衛の悪戦奮闘劇は見どころ満載!


 

さらに、後半になると…また過去へタイムスリップしてしまい、スーツ姿のままで死闘を繰り広げることに。


 

そして、ようやく捕まえた「吉良上野介」を前に、現代で仕事をしながら得た「経験」を安兵衛がどのように活かすかのか?


最後まで、ついつい見入ってしまう魅力的な作品に仕上がっています。

 

 
映像に込められた、数々の仕掛け!
この映像作品が「三井不動産レジデンシャル株式会社」によって公開されている事からも分かるように、実は「ブランデッド・エンターテインメント」という企業価値を高めるための手法を用いた作品になっています。

 

例えば、

安兵衛が持っているノートに書かれていた「経年優化とは?」というメモ書きは、三井不動産レジデンシャルの思想として実在することなのです。


ただ物件を販売するのではなく、その物件が時を経て価値が高くなるようにするには、どのようにすればよいか?という想いが詰まっているわけですね。

 

また、この作品には時々、建設途中の舞台となる街が映し出されます。


 

その中で「現場100回!」という言葉が何度も出てくるわけですが、自分の足でその土地へ行き「街のこと・人のこと」を考える社員の姿勢も伝わってくるようになっているわけですね。


このような企業側の想いと、魅力的なストーリーが織り交ざった作品としては、非常に珍しい映像に仕上がっていると感じました。

普段、映画の製作をされているスタッフと、CMなどを手がけるスタッフが結集した作品だからこその魅力が詰まっていると言っても過言では無いでしょう。

 

 
おまけ
今回ご紹介した「堀部安兵衛」の公式サイト上では、安兵衛が書いていたノートの中身を実際に見れるようになっています!


また、安兵衛ノートがもらえるプレゼント企画なども、同サイトから見ることができるのでご興味ある方は要チェック!

 

 
まとめ
日本では、まだまだ事例が少ない「ブランデッド・エンターテインメント作品」ですが、今回の安兵衛はその代表作品になるくらい完成度の高い映像だったように感じました。

宣伝コンテンツとしては珍しい「時代劇」というのも魅力で、このまま映画化してもおかしくない作品ですが、劇場公開の予定はなく公式サイト上での提供になっているようです。

ぜひ、みなさんも安兵衛の奮闘記を楽しんでみてください!

 

 

<参考>
「タイムスリップ!堀部安兵衛」公式サイト

 

staff

【アプギガ編集部】
つい…シェアしたくなってしまうような、最新のWebサービス・ITニュース・スマホ、モバイル関連の情報を掲載しています。

この記事を読んでいる人は、他にこんな記事も読んでいます。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

ページトップへ戻る